駿東郡 動物病院 獣医科 沼津市 三島市 ヤシの実どうぶつ病院

ヤシの実どうぶつ病院
駿東郡の動物病院
〒411-0904
静岡県駿東郡清水町柿田211-20
TEL 055-972-0308
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

 

Google


WWW を検索
wakimizu-vet.com を検索

院長日記

にっくき椎間板物質

椎間板ヘルニアで飛び出した椎間板物質を手術で取り出しました。
椎間板物質

 

熱中症にご用心

犬は人よりも体温がこもりやすくなります。湿度が低く涼しいところで生活してください。夕方のお散歩は特にご注意を。
犬の熱中症

 

犬のリハビリ

後足のリハビリで、ライフジャケットを着てプールで泳いでいます。
後ろ足のリハビリ

 

異物の誤食

最近異物の誤食が増えています。写真は胃内と腸に引っかかっていた毛糸です。幸い切れてくれたので、内視鏡でとりだせました。

ひも状の異物は腸に引っかかり、腸のダメージが大きいので気をつけて下さい。猫が紐であそんでいるのは要注意です。他に、電池、コイン、ビー玉、スプーンなどを内視鏡でとりました。とうもろこしの芯や腸に巻きついたロープはお腹を切ってとりました。
異物の誤食

 

超小型犬の骨折

チワワやティーカップといわれる超小型犬が増え、骨折もより細かになっています。写真はイリザロフ創外固定法といい、余より、細いピンで固定した症例です。

活動犬種で、成長期の骨折が多いので、飛び降り、すべりは気をつけてあげてください。
超小型犬の骨折

 

子犬・子猫里親の会に参加してきました。

清水町の里親の会に参加してきました。当日は猫ちゃんのみの参加になりましたが、子猫5匹に里親さんが見つかりました。当日は、SBSと静岡新聞の方が取材にこられ、みんなちょっと緊張気味でした。

余談ですが、駿東獣医師会の子犬・子猫の里親活動が、社会の貢献活動として、静岡新聞で表彰されました。振り返れば11年いろいろな出会いがありました。
里親の会

 

どうぶつ愛護教室に行ってきました。

原東小にどうぶつ愛護教室にいってきました。
写真は犬は立ち上がるとみんなと同じ位になるよ、の写真です。

みんな楽しそうに犬とふれあっていました。触れずにいた子が最後はハグしてよろこんでいました。
どうぶつ愛護教室

 

狂犬病集合注射

裾野市の集合注射に参加してきました。どのわんちゃんも飼い主さんも大分興奮ぎみでした。ご苦労さまでした。

狂犬病は現在日本では根絶されていますが、国外から進入した場合、広がらないようわんちゃんにワクチンを接種しています。
1年に1度必ず接種しましょう。
狂犬病集合注射

 

フィラリアでフィラリアを作ってみました。

先日、フィラリア症のいぬから、フィラリア18匹を摘出しました。そのフィラリアで、フィラリアの文字をつくりました。

フィラリアは30センチぐらいの細長い虫で、心臓や、肺動脈に寄生しています。駆除するには、手術や、駆虫注射などをしますが、体にかなりの負担がかかりますので、4月~12月までは、予防薬を飲みましょう。

PS、4月は、フィラリアの急性症状で、もう1頭手術をしました、この地域はまだまだ、濃厚感染地域です。
フィラリア

 

野鳥の保護

つりの針を飲んで弱ったムクドリを保護、針を取り出し無事旅立ちました。

つりの糸や針による動物の事故は多くあります。仕掛けを飲んでしまうケースは多いので、つりをされる方は気をつけてください。
野鳥の保護

 

犬歯の切除

犬の犬歯は、多くの雑菌が存在し、また咬まれた時は体に深くはいってきます。咬む癖がある犬に犬歯の切除を実施すると、咬まれた時に大きな事故や、感染症などを防ぐことが出来ます。

犬の犬歯は生肉などを裂く時に使用していましたが、フードを中心とした食生活では、大きな役割はありません。また、犬歯を切っても咬み癖はのこりますので、同時にしつけは行っていってください。

 

胃捻転整復手術

胃がくるっと回転し捩れることで、胃や腸の血行が遮断する病気です。病体が急変し致死率の高い病気です。
食後に安静にさせたり、食事を1回に大量に与えないようにするなど、特に大型犬は気をつけましょう。

深夜まで手術を手伝ってくれたスタッフ、最後までがんばってくれたビーちゃんに感謝です。